売れ筋の車種はエコカーばかり

運転を楽しくするスポーツカーという車種

売れ筋の車種はエコカーばかり スポーツカーは憧れの車種ではないでしょうか。将来自動の自動運転が当たり前の時代になったとしてもスポーツカーだけはなくならないだろうという予想もあります。スポーツカーを語る上で、外せないのがモータースポーツではないでしょうか。どんなに良い車といっても最近はなかなかその性能まで理解するのは難しい物があります。しかし、それをわかりやすく順位付けしてくれるのがモータースポーツです。単純にモータースポーツで活躍している車種は早いと考えて良いのではないでしょうか。特に公道で最も早い車を決める世界ラリーチャンピオンシップはとても勝敗が気になるところです。しかし、最近では景気が悪く、参加メーカーが少ないのが残念ですね。

さて、スポーツカーを早い車と思われている方も多いと思われますが、実は、車の運転自体を楽しむことを目的として作られた車種をスポーツカーとJISでは定義づけられています。つまり、速さは関係ありません。よく言われるのが、軽自動車や排気量の小さい車が、スポーツカーでないという人もいますが、前述した定義からいえば、スポーツカーといえるでしょう。

その代表とも言えるのが、オープンカーではないでしょうか。実はオープンカーは走りを考えると、とてもマイナス要因です。理由はボディ剛性が低い点です。なぜ、ボディ剛性が低いのかといえば、まず、オープンカーがドアを開けたところを想像してみてください。下の薄い板だけで、前後輪を支えているのがおわかりだと思います。この薄い部分だけで支えようと思うと、無駄に補強が入ってしまうのです。屋根があれば、ボディが折れることはないと容易に想像できます。そんな走りにとってマイナス要因でしかないオープンカーですが、車との一体感が向上し、運転する喜びが飛躍的に向上することから、スポーツカーとオープンカーは強い結びつきがあると考える次第です。まあ、公道でもクローズでも、安全第一ですからね。楽しく、美しく走りたいものですね。

Copyright (C)2022売れ筋の車種はエコカーばかり.All rights reserved.